お知らせ

2021.06.05
今までどおりの健康管理‥

昨年度は例年に比べて心臓病や糖尿病の悪化、がん(食道がん、胃がん、大腸がん‥)の患者さんが多く見受けられた印象です。COVID-19を恐れる余り自宅で我慢したり マスクの着用や三密回避などにより同居者や職場など 周囲の人からもちょっとした異変に気付かれにくい状況になっていたことなどが影響していたものと思われます。

日本国民が集団免疫を獲得して以前の楽しい日常生活を一日も早く取り戻すことが出来るようにすべての世代の人達は十分な体力、免疫力を保ちつつ コロナワクチンの接種に備えておくべきです。

ニュージーランドやシンガポール、オーストラリア、欧米諸国の一部では平和な日常生活が戻りつつあり 人々は従来どおり カフェやランチ、観光、スポーツなどを楽しみ始めています。

 

昼夜の寒暖差、気候・気圧の変化により 胃腸の働きや思考能力などが低下したり 体内リズム が乱れやすい季節となりましたが 毎日規則正しい生活を送り、健康維持に必要な運動や外出など各自に合った免疫力を高める生活習慣を身に付けて 地球46億年のパワー を少しでも感じながら気力・体力を充実させておきましょう。

(日光浴や散歩、森林浴、ラジオ・TV体操、ヨガ や ストレッチ、太極拳、マッサージ、アロマや入浴剤の利用、質の高い睡眠の確保、新鮮な野菜や果物、卵、発酵食品;味噌、醤油、漬物、納豆 ‥ の摂取など)

 

暑い日は適宜マスクをはずして水分補給をおこない熱中症にならないよう気をつけることが大切です。

当院では感染予防も含めて生活習慣病の予防を重視し皆様の健康管理を今までどおり続けています。