お知らせ

2021.07.11
コロナワクチン; デルタ型変異ウイルス(インド株)への備え‥

 

ワクチン接種の加速により現在、供給量が需要に追いつかなくなっている模様です。

ワクチンを受けていない世代(とくに40~50歳代)で感染者、重症者が増えてきているようです。

当院かかりつけの方は残り少ないワクチンを出来るだけ早く接種するために福岡市のHPより迅速に

登録されて予約を終えて下さい。 当院の予約枠は現在 週100人前後 に制限されています。 

当院かかりつけ以外のワクチン接種予定の方は市内数ヶ所の 集団接種会場 をご利用ください。

※今回、ワクチンの在庫僅少、家庭内・家族感染予防の観点から

 “かかりつけの方”は 御本人、御本人の御家族、パートナー、ご兄弟(姉妹)なども含めます。

※妊婦の方は接種することのメリットがリスクを上回るとされており接種が推奨されています。

 

【予約方法】①インターネット (福岡市のホームページより)

      ②福岡市接種予約コールセンター;092-260-8405(8時半~17時半)

 

※東京およびその周辺部では現在デルタ型変異ウイルス(インド株)という感染力の非常に強いタイプ(従来型の約2倍で若い人も重症化しやすい)が広がってきておりオリンピックの終了後には地方へも

拡散されることが予測され危惧されています。海外でも東南アジア、欧米、アフリカなどワクチン接種を2回受けていない(または1回も受けられない)人達を中心に急速に広がってきています。

早めにワクチン接種を終えることで変異ウイルスに対しても十分な感染予防効果を得ることが出来て

たとえ罹患しても重症化を免れて後遺症に悩まされることもなくなります。

※東京オリンピック開催による感染拡大(多国の外国人の流入が及ぼす影響)の地方拡散の懸念と

夏休み、お盆の帰省などに伴う人流の増加を考えますと7月中に1回でも接種を終えることが賢明であると思われます。