お知らせ

2024.06.04
長引く咳‥

咳のセンサーは 鼻、のど、気管支、食道、胃などに幅広く存在しており

咳の原因はひとつであるとは限りません。

咳の続く期間が

1.3週間以内の場合     : ①感染後咳嗽  ‥風邪をひいて熱も出ていないのに咳だけ残る場合

                    ②急性副鼻腔炎 ‥鼻閉や頭重感、後鼻漏などを伴います。

2.3週間から8週間の場合   : ①咳喘息    ‥夜間や明け方に咳の程度が強くなります。

                ②逆流性食道炎 ‥食後や臥床で咳がひどくなります。

                ③慢性副鼻腔炎 ‥急性副鼻腔炎が長引いている状態です。

3.8週間以上の場合          :  ①気管支喘息  ‥会話時や気温差、疲労で咳がひどくなります。

                 ②逆流性食道炎  ‥便秘や生活習慣、ストレスなども関与します。

                 ③肺がん、肺結核 ‥胸部X線検査、CT検査、細胞診、細菌検査などの 

                         精査を必要とします。 

それぞれの病態で検査内容、治療方法などが異なってきますので詳しい検査を受けて

症状がひどくならないうちに原因を調べましょう。