お知らせ

2014.12.22
カプセル型大腸内視鏡検査

対象となる方

1.大腸がん検診(便潜血検査)で要精密検査の指示を受けられた方

2.大腸がんを疑う症状(血便、便秘、下痢、腹痛、腹部違和感など)のある方

3.大腸がんの家系の方 

4.肛門から挿入する通常の内視鏡検査が苦手な方や羞恥心のある方

保険適応となる方

1.過去に通常の大腸内視鏡検査を受けられた際に何らかの理由で最深部(盲腸)まで観察ができなかった方

2.腹部の手術歴(虫垂炎、胆石、胃、大腸、腸閉塞、婦人科手術などの既往)がある方や何らかの器質的理由(…肥満、やせ、S状結腸過長、巨大ないぼ痔、子宮筋腫や卵巣のう腫などの圧迫‥なども含む)で通常の内視鏡の挿入が困難と判断された場合

保険適応時の費用  :約33,000円 (3割負担の場合; 診察費、腸管洗浄剤などの料金を含みます)

保険適応以外(自費):約11万円

検査方法

(検査前日)夕食(低残渣食)を早めに食べた後、夜7時頃から腸管洗浄剤(2リットル)をゆっくりと

服用して腸の中をきれいにした状態で休みます。

(検査当日朝9時に来院して頂きます。腹部にセンサーを貼り付けて携帯用レコーダーに接続しカプセル(大きさ30×10mm)を飲み込み約1時間後に帰宅して頂き腸管洗浄液1リットルを飲んで散歩などで少し体を動かしているとやがてカプセルが排出されます。カプセルが排出されない場合はその約1時間後にもう1リットルlを飲んで頂きます。軽い昼食を摂ったあとにカプセルが排出されて(排出されるまでの時間は個人差があります3~18時間;が夕方までに出てくるケースが多いです)検査は終了し記録されたレコーダーを回収して記録内容を詳しく解析した後、検査結果をレポートでお渡しします。

その他検査は予約制です。カプセル型大腸内視鏡検査をお考えの方はお電話で当院までご確認をお願いします。検査をおこなう前に問診を始めとする診察を受けて頂き検査の適応性などについて検討する必要があります。この検査を予約された方は準備の都合上キャンセルは出来ませんのでご了承下さい。